日本酒がおいしい季節はいつか

 

日本酒がおいしくなる季節って知っていますか?

それは「冬」と「秋」ともいわれています。

冬は新酒が売り出され、秋はひやおろしが味わえるからです。

ひやおろしとは「日本酒が一番おいしいとき」といってもいいでしょう。

今回は、秋になったら味わってみたいひやおろしにスポットを当ててみます。

日本酒がよりおいしくなる秋を楽しんでみませんか?

日本酒が一番おいしい季節は秋。ひやおろしってどんなお酒?

おいしい日本酒はこの銘柄だ。ベストランキング

 

 

まずは、ひやおろしについて簡単に説明します。

ひやおろしとは蔵で熟成され、旨みが増した日本酒です。

ひやおろしと秋の食材のペアリングを楽しみにしている人もいるぐらいですよ。

 

ひやおろしってどんなお酒?
冬に造った日本酒は「新酒」として売り出されます。
その他のものは、微生物による劣化を防ぐために「火入れ」という殺菌作業をされて蔵の中で眠ります。
【一般なお酒の火入れ】
できあがったお酒を貯蔵する前に1回、出荷する前に1回。
【ひやおろしの火入れ】
貯蔵する前に1回のみ。秋まで蔵で熟成させて、瓶に入れて売り出されます。
夏の蔵の中で寝かせることによって、味が落ち着いてまろやかになります。
秋ぐらいになると蔵から出され、新鮮な味のまま店頭に並んでいくのです。

 

レオン
ひやおろしは日本酒の醍醐味ともいわれるな。一度味わっても損はないぞ?

ロビン
そうなんだ。一年を通して、秋にしか味わうことができないんだね

 

街を歩いていると、大きくて丸い植物を見かけたことはありませんか?

それは「杉玉」というものです。

 

※画像はイメージです (新酒が出る冬は杉玉の色は緑色になります)

 

杉玉が軒先に吊るしてあると「おいしい、ひやおろしができたよ!」というサインになります。

夏になる直前に「かき氷はじめました」というのれんと同じですね。

杉玉が出てくるのを待っている日本酒ファンもいるぐらいですよ。

ひやおろしは飲んでみる価値あり!秋という季節を楽しもう

日本酒と相性のいい秋の食材はどんなものか

 

「ひやおろしってどんな味なの?」

香りや味は銘柄によって違うのは当たり前ですが、一言でいってしまえば、

「旨みが増えたまろやかな味わい」です。

普段日本酒を口にしない人でも「おいしい」と感じてしまうほど。

ここで、ひやおろしを楽しむポイント!

初めて飲む銘柄なら「温度」に気をつけましょう。

燗をしたり、冷やにするのではなく常温ぐらいの温度がベストです。

 

 

すぐに飲み干してしまうのではなく、舌の上で味をよく味わってみましょう。

それから、好みの温度に変化させて楽しんでください。

 

秋のさんまは脂があって日本酒と相性は一番いい

※ひやおろしとさんま…、最高ですっ!

 

せっかくなので、食材にもこだわってみませんか?

秋は食材がおいしくなる季節でもあります。

「和」の食材の中から、ひやおろしにピッタリなものを選んでみましょう。

 

ひやおろしと味わってみたい!秋の食材たち

  • さんま
  • かつお
  • 秋鮭
  • まつたけ
  • しいたけ
  • 秋なす
  • くり
  • ぎんなん

 

さんまはたくさんの大根おろしといっしょに。

まつたけは焼いて手で裂きながら、ひやおろしをチビチビと。

ぎんなんは殻を割りながら、ゆっくりと…。秋の夜長を楽しめそうですね!

 

レオン
さんまの内臓のほろ苦さと日本酒なんて最高だよな。女性は少し食べにくいか?

ロビン
何いってんの?さんまの内臓にはビタミンAが豊富で、レチノールってのが美肌にいいんだから

レオン
く、詳しいな…。ひやおろしと最高の食材を探すのも秋の楽しみのひとつだな

どれも秋だけの限定酒。買うか迷っていると…、なくなってしまいます!

日本酒が一番おいしく飲めるときはいつから

 

「一度は味わってみたい」ひやおろしの銘柄を紹介します。

どれも味わってみたいものばかりを集めてみました。

ひやおろしは季節、数量限定の日本酒です。

気になったものがあったら、すぐにチェックしてみましょう。

 

 

ついつい杯を重ねてしまうほどのうまさ「南部美人」

ひやおろしはどんな日本酒を選べばいいか?

出典 株式会社 南部美人

 

東北でおいしいお酒は数多いですが「南部美人」は一度味わってみたいものです。

フルーツのような甘みと口にスッと流れる爽やかさ、クセのない飲みやすさはまさに一級品。

東北美人といっしょに食べたいのは魚で決まり!

ベタな選択ですが、焼きさんまと南部美人なんて最高です。

メディアでも度々取り上げられる南部美人、今年の秋にいかがですか?

 

 

映画「君の名は」が舞台になった岐阜県飛騨地方の名酒「蓬莱」

映画「君の名は」の舞台のお酒の名前

出典 渡辺酒造

 

岐阜県飛騨地方からは「蓬莱」(ほうらい)を紹介します。

映画「君の名は」で有名になった場所で渡辺酒造が造っている日本酒です。

オススメは、常温からぬる燗ぐらいの温度がベスト。

ほどよいコクと旨み、豊かな香りは秋の到来を感じさせてくれます。

まつたけやしいたけのキノコ類、ぎんなんといっしょにどうぞ。

 

 

10年以上愛飲するファンもいるほど「菊姫」

日本酒と相性のいいおつまみ

出典 菊姫合資会社

 

この菊姫のひやおろしは、ぜひ味わってほしい!一本です。

一度飲むと「菊姫だけを飲み続ける」人もいるぐらいだから驚いてしまいます。

とろっとした濃厚な味で、酸味と旨みのバランスが良く冷やでも燗でもOK。

ぬる燗より少し熱めにしてみるのが、オススメの飲み方です。

おつまみにするなら、甘辛く煮つけた魚や貝がおいしいですよ。

 

 

和歌山の大自然がこのおいしさを造った「紀土」

日本酒の紀土(きっど)はホリエモンが飲んでいる

出典 平和酒造

 

「いい水や環境がなければ、このおいしさは造ることができない」

と飲みながら、思いはせてしまいそうなのが「紀土」(きっど)です。

口の中に広がる旨みもありながら、キレもあって後味はとてもスッキリ。

「この価格で、このおいしさが飲めるなら!」といいたくなってしまいます。

土瓶蒸しやぎんなんのように、秋を感じる食材ならどれをとってもバッチリですよ。

 

 

この味でこの価格…、買い!の一択「渓流」

長野県でおいしい日本酒や地酒

出典 遠藤酒造場

 

信州を代表する遠藤酒造場が自信を持っておくるのが「渓流」です。

熟成感のある旨みを感じながらも、キレのある味に仕上がっています。

少し冷やして飲んでみると、渓流のおいしさが一番引き出されるでしょう。

あっさり味のお漬物なんて最高です。あったらグイグイ飲んでしまうかもしれません。

この味で、この価格…、これ飲まないと損するかもしれません!

 

 

どれを買うか迷ったら。ひやおろしセットで飲み比べてみるのも楽しい!

ひやおろしを飲み比べてみたいなら

 

いろいろ紹介しましたが、飲んでみたいものはありましたか?

まずは、気軽にひやおろしを楽しんでみたいという人はセットがオススメです。

 

 

ロビン
あぁ!いいセットがあるじゃない。どれを飲もうか迷うわね?

レオン
紹介してきたものすべてが季節限定だ。秋にしか飲めないひやおろしを楽しんでくれよ

 

 

「どんな味わいが自分に合うのか?」と探してみるのも楽しいものです。

どの銘柄も、秋だけの限定商品。

お気に入りを見つけたら、すぐに買わないと今度味わえるのは一年後になってしまうかもしれませんよ!?

まとめ

秋になったらどんな食材と日本酒は合うか調べる

 

季節を通して、一番味わってみたいひやおろしについてでした。

ここで、ひやおろしと最高の食材を紹介します。

ひやおろしと最高の食材といえば「さんまの肝」です。

しょう油を少し垂らして、大根おろしと混ぜて食べてみてください。

口がほろ苦くなったときに、ひやおろしをキュッと飲む。あぁ…、これぞ秋の贅沢…。

日本酒も食材もおいしくなる秋を堪能してみてくださいね。

それでは、乾杯っ!

 

おすすめの記事