ひれ酒を作るには日本酒と焼酎どちらがいい?

 

寒くなってくると飲みたくなるのが、燗した日本酒ではないでしょうか?

なかでもひれ酒なんて最高ですよね。

「え…、飲んだことがないって?」

それは、もったいないですよ!香ばしさと深みのある味わい…。

一度ハマったら、冬はひれ酒のみ!という人もいるぐらいです。

家庭で簡単においしいひれ酒を作ってみませんか?

寒い夜にピッタリで、何回も飲みたくなるお酒ですよ!

誰でもできる「ひれ酒」おいしく作る手順とポイントとは

ひれ酒はどうすればおいしくできるか?

 

「ひれ酒を飲むって、いろいろ準備しなくちゃいけないし面倒そう…」

いえいえ、そんなことはありません。

ひれはネットショップで買えるし、作り方も簡単です。

ちょっとした工夫で、ひれ酒を何倍もおいしく作ることができるのです。

家庭で作るときの順序と失敗しないコツを紹介します。

あと忘れていけないのが…、

ひれ酒で一番肝心な「フグのひれ」ですよね。

いくつか試した中でも、オススメできるひれを紹介します。

 

ロビン
寒くなったら…、ひれ酒で決まりだよねぇ

レオン
も近づいてきたら飲みたくなるよなぁ。ってことは、ひれ酒の紹介でいいよな?

ロビン
う、うん…。おいしくひれ酒が飲めるならOKだよ

レオン
大丈夫。誰でも簡単に作れるようにコツを教えるぞ

ひれ酒をおいしく作るコツ。「ここだけ!」気をつけたいポイント

おいしいひれ酒を作る手順と失敗しない方法

 

ひれ酒を作るのは、それほど難しくありません。

順番を間違えず、ゆっくりやってみましょう。

 

おいしいひれ酒の作り方
① 器を温めておく
② 好きな日本酒を用意(辛口のものだとおいしくできあがります)
③ 飛び切り燗(55℃)の温度まで温める

④ ひれを2~3枚入れてフタをして、3~5分間ほど蒸らす

⑤ お酒の度数が強いときは、フタを少しずつ取りながら火をつけてアルコールを飛ばす

 

 

「この、ひれ酒なんだかおいしくないな…」

と感じてしまったら、このどちらかが失敗しているかもしれません。

 

  1. フグのひれが、しっかりと炙っていないから
  2. ひれ酒に適した温度まで温めていないから

 

ひれ酒をおいしく作るポイント!

 

ひれをしっかり炙っていないと、なんだか生臭く感じてしまいます。

ひれ酒も香ばしさや旨みを感じることができないので注意が必要です。

熱いものが飲めないからといって、温度を中途半端にするのもいけません。

飛び切り燗(55℃)にするのもポイントです。

それ以上熱くしてしまうと、アルコール分が飛んでしまうので注意しましょう。

 

レオン
ひれは軽く焦げ目がつくぐらいがベストだ。真っ黒にしないでくれよ?

 

 

フグのひれを選び抜いてみました!オススメ商品はこちら

おいしいひれ酒をネットで買うならどれがいいか?

 

ここからは「どんなフグのひれを選ぶといいか?」を見てみましょう。

たくさんの商品の中から選ぶのも迷ってしまいます。

わたしが実際に購入して、オススメできるひれを紹介しますね。

味わってみて「おいしいわ…、このひれ酒」ってホワ~ンってなりました。

購入の参考にしてみてくださいね!

 

 

寒くなったら、ひれ酒を何回でも飲むという人はこちらがオススメです。

「しっかり味が出る」と好評の尾びれという商品もあります。

飲む回数や器の大きさと相談して、どちらにするか決めてくださいね。

 

冬になったらおいしいお酒の紹介

画像はやまぐち旬彩 海峡本舗のひれです

 

レオン
いい焦げ目もついてるだろ。これが香ばしさと旨みを出すんだ。尾びれも注文してみたいよな?

ロビン
尾びれを器に入れるときは、切らないといけないかも!気をつけて選んでね

 

 

ひれ酒が初めての人やたまに飲むぐらいなら、こちらの少量タイプでOKです。

価格も手に届きやすくなっていて「ひれ酒を試してみる」という人向けになっています。

 

レオン
たまにレビューで見かけるが「ひれが生臭かった」というものがある。しかし、これはしょうがないんだよ

ロビン
そういうときは炙ればいいのかな?

レオン
あぁ、それでOKだ。人が作ったものだから、そういうものが出てくるときもあるんだ。

ロビン
うん、うん。せっかくなんだからひれ酒を心から楽しもうね!

まとめ

コンビニで買えるフグのひれ酒ランキング

 

寒くなったら飲んでみたい!

ひれ酒を紹介してきましたが、いかがでしたか?

ポイントを抑えて作れば、誰でもおいしいひれ酒を作ることができますよ。

わたしも初めて飲んだときは、

「フグの旨みが溶けていて、すっごくおいしい!」って感じたぐらいです。

今年の冬は、ひれ酒をたくさん楽しんでみましょう。

それでは、乾杯っ!

 

おすすめの記事