霧島をおいしく飲む方法とおつまみ

 

焼酎のなかでも「おいしい」「飲みやすい」「お手頃価格」と3拍子そろっているのが、

霧島シリーズ」です。

白、黒、赤霧島といろいろなラインアップがあるなかで今回は、

「茜霧島」と「虎斑霧島」(とらふ)にスポットを当ててみます。

人気が高いこの2つの芋焼酎。

飲んでみて、実際に分かったことが…、

「家にストックしておいて損はない焼酎!」

かなりのおいしさに驚いたぐらいです。

飲みやすさバツグンの「茜霧島」か?香り豊かで甘みのある「虎斑霧島」か?

さぁ、あなたはどちらをMy焼酎にしますか?

気になる香りと味をさっそく見ていきましょう。

あなたはどちら派?「茜霧島」VS「虎斑霧島」

初心者にオススメしたい飲みやすい焼酎は?

 

霧島の芋焼酎シリーズは、

「芋のコクと甘み」「味わい豊かで飲みやすい」

というところが多くのファンに愛されています。

そのシリーズのなかで、オススメなのが「茜霧島」と「虎斑霧島」です。

「いつもの焼酎より少し良いものを…」「オススメの芋焼酎を教えてほしい」

という人に飲んでほしいのが茜霧島と虎斑霧島です。

飲めば飲むほど、その奥深さにハマってしまうこと間違いありませんよ!

 

ロビン
茜霧島はなんとか知ってるわ。虎斑霧島?(とらふ)う~ん…、どんな焼酎なの?

レオン
爽やかな味わいの茜霧島か?コクと旨みの虎斑霧島か?って対決だな

ロビン
そんなこといわれたら選べれないじゃない…。レオンがオススメするのはどっちなの?

レオン
「まとめ」に書いておいたからな、あとで見てくれ。さぁ、レビューを始めよう

 

 

サラリとした口当たりと軽やかな味わいを楽しむなら「茜霧島」がオススメ

初心者でも飲みやすい芋焼酎とは?

 

香り

茜霧島のラベルに「フレッシュではなやかな香り」と明記してあります。

これに、一言付け加えるなら、

「涼しげでスッキリとした香り」です。

芋焼酎のインパクトのある香りを抑えてあるのが高ポイントになります。

 

味わい

芋焼酎のなかでもバツグンの飲みやすさなのが茜霧島です。

優しい口当たりを感じたあとには、

「じわっと芋の旨みと甘みが広がっていく」この感じがなんともいえなくて…。

飲んだ後に、鼻に抜ける香りはフルーティーでいくら飲んでも飽きることがありません。

暑い季節にはロック、水割り、ソーダ割と冷やして飲むのをオススメします。

「爽やかすぎるっ!」

というぐらいの茜霧島の味わいは、女性に味わってもらいたい1本になっています。

 

ロビン
茜霧島いい…、飲みやすいわ。スッとのどを流れながらも甘みも口に残るからね、かなりオススメできる1本よ

 

「虎斑霧島」ゆっくり味わって、深い味わいを楽しもう

志村けんさんが飲んでいた焼酎は?

 

香り

ほんわかとした芋の香りが、飲み手を誘います。

黒霧島ほど強い香りではないので、焼酎初心者でも嫌うことなく飲めるでしょう。

ツンとした香りもないので、根っからの芋焼酎ファンにとっては物足りなく感じてしまうことも…。

 

味わい

口に含むと多少の苦みを感じてから、じわじわと旨みや甘味に変化していく味わいが特徴的です。

「苦みと甘さ」

この2つがうまく重なって虎斑霧島の味になっています。

後味は、スッキリしているなかにも優しい甘みが口に残ります。

この甘みがほどよく口に残り、虎斑霧島のおいしさを長く楽しませてくれるのです。

常温に近い状態で、

「苦味と甘みのハーモニー」をゆっくりと味わいたい芋焼酎です。

 

レオン
霧島シリーズのなかで、変わった味なのが虎斑霧島だ。苦みや渋みが好きな人にとっては最高の芋焼酎だろうな。

あなたの「My霧島」はどれにする?迷ったときは飲み比べてみよう

焼酎は二日酔いになりにくい

 

茜霧島と虎斑霧島のレビューでした。

よく考えてみると、

「霧島のシリーズって種類が多くない?」

と感じてしまい、自分好みの焼酎を見つけることができない人もいるでしょう。

そんなときは、

「飲み比べセット」をオススメします。

茜霧島と虎斑霧島がセットになっているものから、霧島シリーズがまとめているものまで選ぶことができます。

 

 

レオン
前に紹介した赤霧島と今回の銘柄を飲み比べるのにピッタリなセットだ

ロビン
虎斑霧島はあまり見かけないからね。こういうセットがあるとうれしいわね

 

 

ロビン
こっちは霧島シリーズ勢ぞろいね?「どの焼酎がいいか?」って求める人には最高じゃない?

レオン
「焼酎をこれから…」という人にはこれがオススメ。これで霧島の焼酎を語ることができそうなぐらいだな

 

黒霧島EXもセットになっていて、飲み比べ用にはピッタリですね。

居酒屋やバーで、

「霧島の焼酎のことは聞いてよ」

なんて語ることができてしまうかもしれませんね!

まとめ

芋焼酎を一番おいしく飲む方法とは?

 

霧島シリーズのなかでも、少し特別な「茜霧島」と「虎斑霧島」のレビューでした。

相異なる香りと味わいでしたが、どちらが好みの焼酎になりそうでしたか?

甲乙つけがたいですが…、オススメは茜霧島です。

本当に飲みやすいから杯を重ねてしまいますよ。

以前、紹介した赤霧島も合わせて霧島シリーズを楽しんでくださいね。

それでは、乾杯っ!

 

おすすめの記事