おいしいワインを選ぶ最適な方法は?

 

おいしいワインを飲んでみたいけど、知識がないから選ぶのが難しい…」「ワインってどれを選んだら間違いないの?」

ワインの知識がほとんどない人、お酒のことを知らない人にはこれは難しいことです。

なぜなら、ワインは

「いろいろな種類、銘柄、産地がとても多いのが特徴的なお酒」

だからです。

ワインのことを知らない人が選ぶときにどうしてもやってしまうことがあります。

 

  • ワインをネットで買うときはレビューに頼ってしまう
  • ショップで選ぶときに「スタッフ、オススメ!」「イチオシのワイン!」のPOPにつられて買ってしまう
  • 何となくの知識で買ってしまい自分には合わなかった

 

こんな経験はありませんか?

初心者にとって好みのワイン選びはなかなか難しいものです。

「できるだけワイン選びに失敗したくない」「ワインの知識がなくても楽しく選んでみたい」

この悩みを解決してくれるのが、

「ワインショップソムリエ」

というサイトです。

このサイトはスタッフが全員ソムリエ」というワイン初心者にとっては心強いものになっています。

ワインショップソムリエはいろいろな角度からワインを選ぶことができ、自分にピッタリなものを見つけるには最適なサイトなのです。

ワイン選びの強い味方になってくれる、ワインショップソムリエ。

どんな感じでワインを選び、自分に合ったものを探すことができるのか見ていきましょう。

【ワインショップソムリエ】ワインをいろいろな角度から選んでみよう。

初心者がワインを選ぶときに使いたいサイト

 

ワインには歴史があり、銘柄、産地、がとても豊富で初心者には選ぶのが難しいお酒です。

いろいろなものを試しながら、自分にピッタリなワインを探すのが今まででした。

でも「買ったはいいけど美味しくなかった」「お金を出しているんだから失敗したくない」

こんな悩みもありますよね。

ネットショップで迷っていたけど、ついついレビューやオススメという言葉につられて買ってしまった…。

やはり、自分で飲むものは自分で決めたい!説明を読んで納得してワイン選びをしてみたい!

こんな気持ちを大切にしてくれるのが、ワインショップソムリエです。

ワインの説明がしっかりあって、いろいろな角度からワインを選ぶことができるのです。

タイプ、価格、産地、年代、キーワードから選ぶことができ初心者も楽しくワイン選びをすることができます。

あなたにとって、どんな探し方がベストなのかを紹介していきます。

ワインの選び方① タイプと価格から選んでみる

まずは、ワインのタイプと価格から選んでみましょう。

ワインの王道、赤ワインのボルドーという種類を選んでみます。

 

ワインを価格とタイプから選んでみる

 

赤ワインの単品をクリックしてみると2種類の味と価格が出てきます。

ボルドーは味がしっかりしていて渋みがあり、ブルゴーニュの味は軽めのものになっているのが特徴です。

赤ワインでもどちらの味が自分にピッタリかを選ぶことができるのです。

今回は、ボルドーでも家飲みに最適な価格の2000円~2999円を選んでみましょう。

 

赤ワインを選ぶときのポイント

 

赤ワインのなかでも渋い味のものを選んでみました。

「90点超えの、ガツンとフルボディ」と説明がされていますが、これではワインの初心者はなんのことか分かりませんね。

分かりやすく、詳しい説明を見てみましょう。

 

 

詳しい説明の方には、

「タンニン(渋み)は丸みがあり、飲みやすく初心者にもおすすめ」と分かりやすい説明があります。

「グラスに注ぐと、ダークチェリーやブラックベリー…」とあるように「どのようなカラーをしたワインなのか?」がイメージしやすいのがポイントです。

ネットショップのレビューではなく、ソムリエがコメントしているので信用して購入することができます。

ちなみに、下の方のコメントに「毎年パーカーポイント…」とありますが、パーカーとはワインの評論家の名前です。

そのポイントが90点を超えるということは…。

このワインは安心しておいしく飲めるということですね。

ワインの選び方② 産地から選んでみる

今度は、ワインを「産地」から選んでみます。

ワインの本場、フランス、イタリア、スペインから日本のものまで数多く取り揃えてあるのがうれしいですね。

フランスは産地も分けられていて、ワイン通になってきたら試してみたい選択肢です。

 

日本のワインはおいしいか試してみる

 

まずは、ワインのレベルが世界に追い付いてきたという日本のものを選んでみましょう。

 

日本の山梨県のワインの紹介

 

山梨県で製造されている赤ワインを選んでみました。

スズラン酒造で造られていて、2013年のワインということです。

これでは、情報が少なすぎるので細かな説明も見てみましょう。

 

日本のワインの精密な情報

 

一番最初に選んだ、海外の赤ワインと同様に細かな説明がされています。

じっくりと説明を読んでワイン選びがすることができるので、自分で納得した上で購入することができるのです。

やはり、日本のワインのレベルが上がってきていることが説明から分かりますね。

日本のワインも、ぜひ試してみたいものです。

また、こんな風に生産者の顔が分かるのも安心でうれしいことです。

 

ワインの製造者が分かるサイト

 

日本で作られているワインですから製造者の顔も見れたら安心です。

今回、選択したワインを造っている、スズラン酒造の小池社長という方です。

自分が選んだワインの製造者、土地の雰囲気が分かると飲むときに味が格別なものになるのではないでしょうか?

小さな情報かもしれませんが、こういう角度からワインを選んでみるのも楽しいですね。

ワインの選び方③ 慣れてきたらこんな風に選んでみよう

いままでタイプ、価格、産地からワインを選んできました。

今度は、少し変わったワインの選び方を紹介します。

ワインを頼むことに慣れてきたら試してみたいのが、

「ヴィンテージ、キーワードで探す」

を選んでみてください。冒頭にも書きましたがワインは歴史のあるお酒です。

何十年も昔のヴィンテージワインを選んでみるのも楽しく、あなたの生まれた年代ものを飲んでみませんか?

 

年代のワインを選ぶには?

 

1970~2000年のワインまで数多くあり、いろいろなシーンで役に立ちそうです。

 

  • 大切な人へのバースデイプレゼントに
  • 仲間との大事な記念日を祝うために
  • 頑張ってきた自分へのごほうびに

 

大事な人へ、生まれた年のワインを贈ったらとても喜ばれそうです。

1990年代のワインの価格を見てみましょう。

 

1990年のワインはおいしいのか?

 

ビックリするほど高い価格でもないですから贈る人も、贈られる人も安心できますね。

購入しやすい価格のワインがそろっているのもワインショップソムリエをイチオシできる理由になっています。

次は「キーワード」でワインを選んでみましょう。

 

ヴィンテージワインを試してみる

 

赤、白、スパークリング、ロゼではキーワードが違ってくるので注意です。

今回は、パーティーや打ち上げに飲んでみたい「スパークリング、シャンパン」のキーワードを選んでみましょう。

右上の「ヴィンテージ」を見てみましょう。

 

高いワインを飲んでみる

 

下段の「ドンペリニヨン」はお酒の知識がない人でも一度は耳にしたことがある名前ではないでしょうか?

値段もヴィンテージだけあって、相応なものになっています。

仲間が集まる場所に、こんなシャンパンを持って行けばウケること間違いありません。

ワインやシャンパンに慣れてきたら、ヴィンテージやキーワードで選んでみるのもワイン選びの楽しいところです。

 

【ワインのことで悩んだら、ソムリエに相談】

 

ワインを頼んだら次はどうしたらいいの?関係するアイテムをそろえよう

ワインといっしょにグラスとおつまみも買う方法

 

ワイン初心者でも説明を見て、納得して買えることができるワインショップソムリエの紹介でした。

ワインを購入したら、さっそく香りや味を楽しんでみたいですね。

しかし、ワインを買ったはいいけど関連するアイテムがひとつもない!では困りものです。

「ワインのコルクってどうやって開けるんだ?」「ワインだけじゃ物足りない…。おつまみはどれが合うのかな?」

せっかく自分で選んだワインです。

グラスもきちんとしたもので、ワインオープナーでコルクもきちんと開けて、おつまみもワインと合うものを選びたいものです。

そんなときもワインショップソムリエが頼りになります。

ワインの他にどんなものが購入できるのか?見てみましょう。

ピッタリなワインを見つけたら。おつまみもいっしょにどうぞ

自分にピッタリなワインを見つけた次は…?

せっかく選んだワインですから、いっしょに「おつまみ」もいかがでしょうか?

ワインショップソムリエはおつまみ各種類も取り揃えています。

 

ワインに合うおつまみはどんなものか?

 

各種チーズ、サラミ、生ハムとどれもワインとよく合いそうです。

おいしいワインには…。やはり、おいしいおつまみが必要かもしれませんね。

おいしいワインといっしょに購入してみるのもいいかもしれません。

最低限のワイングッズはやはり持つべき?グラス、セラー、キーパーなど

次は、持っていたいワイングッズです。

家に届いたワインをマグカップ、紙コップで飲もうとしていませんか?

ワインはグラスに注いでこそ、本当の香りと味を楽しむことができるのです。

あれもこれも買う必要はありません。

ワイングラス、ワインオープナー、ワインキーパーは最低限持っておきたいものです。

最初は高くないものを選んで、それから「自分の使い勝手のよさ」「好きなブランド」「自分の予算」に合わせて揃えていきましょう。

 

ワイングッズをそろえるには

 

ワインショップソムリエはおつまみと同じように関連アイテムも豊富です。

では、一番持っていたいワイングラスを見てみましょう。

 

ワイングラスの種類が多くある店は?

 

「メーカー」「用途」「キーワード」と選び方は様々です。

最初は安くて丈夫なグラスで問題ありません。

 

ワイングラスを選ぶときのコツ

 

このワイングラスは「RONA(ロナ)」というブランドのものです。

ビックリするほどの値段ではないので、初心者にも買いやすくなっています。

このRONAは「衝撃に強く」「高い透明度を持ち」「デザイン性が高い」のが特徴です。

格式高いレストランでも使われているので、選んでも間違いはありません。

ワインを飲むときはやはりグラスに注いで香りと味を楽しみたいものです。

ワインといっしょに注文すると、よりワインを楽しむことができますね。

ワインを大切な人へ。「ラッピング」「ネーム入り」プレゼントにも対応できる

ワインをプレゼントするにも工夫するとよろこばれますよね。

ただ、普通のワインを渡すより、

「ラッピング」「ネーム入り」のワインをプレゼントするのはどうでしょうか?

ワインショップソムリエは、そんなプレゼントにも対応してくれます。

まずは、ラッピングです。

 

ラッピングしたワインをプレゼントしたい

 

大切な人のイメージカラーを連想してラッピングをオーダーするのも面白いですね。

いっしょに添える、カードやのしを選択できるのもうれしいサービスです。

次は、ネーム入りです。

 

ワインにネームを入れる方法

 

ネームの他に、写真や希望のラベルまで入れることができてしまいます。

大切な人へオリジナルのワインをプレゼントするなんて素敵すぎますよね。

世界にひとつだけのワインをもらったら…。

こんなにうれしいことは他にはないでしょう。なんだか、その人の笑顔までもが想像できてしまいますね。

 

【オリジナルワインやラッピング、おつまみなら】

 

まとめ

ワインの香りと味を楽しむ方法はこれ

 

ワインの知識がなくても、思い通りに楽しく選ぶことのできるワインショップソムリエの紹介でした。

今まではワインを選ぶことは、知識や経験がないと難しいものでした。

しかし、このサイトを使えばそんな悩みも解決されそうです。

ワイン、シャンパン、関連アイテム、おつまみとどれをとっても幅広い商品の数でなんだか選ぶのが楽しくなってしまいますね。

このサイトできっと、あなたにとってピッタリなワインが見つかるはずです。

あなたのお気に入りのワインを見つけたら、教えてもらえませんか?

そのときは、わたしもぜひ飲ませていただきますね。

それでは、乾杯っ!

 

 

おすすめの記事